アトピー・ニキビ・乾燥肌【子供とママの肌荒れ対策室】

子どものスキンケア

赤ちゃんの皮膚はとてもデリケートなうえ、汗をたくさんかきます。

 

額の生え際や顔、首、ひじやひざの裏側などは特に汗腺が多く、あせもや肌トラブルが起きやすい場所です。

 

肌を清潔に保つことはもちろんですが、スキンケアで肌の乾燥対策をしていないと、赤ちゃんの肌はトラブルだらけになってしまいます。

 

汗をかいたり、入浴したあとは、肌からうるおいがなくなっている状態ですから、しっかり保湿をしてあげましょう。

 

外に出るときには日焼け止めをするのもおすすめですが、成分次第ではアレルギーや湿疹が出ることに注意が必要です。

 

 

もう少し大きいお子さんのスキンケアとしては、季節に応じて、使う保湿剤を変えるなどの工夫が必要になってきます。

 

子どもの肌はまだ不安定で、肌の乾燥が起きやすいことが特徴です。

 

冬は特に乾燥しますから、肌を洗いすぎないよう注意して、保湿ケアを取り入れましょう。

 

子どもの肌は確かにデリケートですが、過度の洗顔や保湿は、肌にとっては逆効果です。

 

そして、肌のトラブルはスキンケアだけで改善できるものではなく、食事や運動、睡眠など、身体の内側からのケアのほうがずっと大切だということを知っておかなければいけません。

 

今では子どもも大人と同じくらいのストレスを抱えています。

 

ストレスから自律神経のバランスが崩れてしまえば、それがニキビや肌荒れとなって現れます。

 

肌の状態は身体の内面を反映していると考えていいものです。

 

食事の栄養バランスを考え、睡眠不足や運動不足にならないよう生活することが大切です。

 

 

女性のスキンケア

 

【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)】


肌のトラブルは完治するまでには長い時間が掛ります。
肌の悩みは大人が思っているより深く子どもたちはは悩んでいます。
友達の前でも自然と肌を隠していませんか?
そんな子どもたちのサインを見落としてはいけません。
薬やクリームなどを使っても一時的な解決にしかならなかった方、諦めかけている方におススメなのが【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)】
諦める前に、もう一度をクリックしてください。→

更新履歴